<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


例えば、(1)プラスチックや代替...


新しい生物兵器に対して、世界中の公衆衛生担当者や生物学者、生命倫理学者たちは大変心配をしています。
しかし、「合成生物学」と呼ばれる新しい分野のエンジニアは、とんでもないことを夢見て、日夜研究しているようです。
例えば、(1)プラスチックや代替燃料を大腸菌に安価につくらせる方法、(2)レーザー光をあてると活性化する細胞を遺伝子操作で生み出して、DNAによる最小のコンピューターの作成やフイルムの作成。
などが検討されています。
...

看護師 求人 岡山
准看護師 派遣

[PR]

by kangotaiken | 2010-09-26 14:08 | 看護師

ふつうならそれは、かなりストレス...


ある男性が、奥さんと離婚しました。
ふつうならそれは、かなりストレスの度合いが高い出来事です。
しかし、もしその男性と奥さんとがずっと「家庭内離婚」の状態にあったとしたらどうでしょう。
ストレスはずっと低くなるでしょう。
その男性の心の中では、奥さんは既に「遠い存在」だったのです。
ある会社員が東京本社から群馬県の桐生市に転勤になり、今度さらに九州の博多に転勤することになりました。
「桐生ならまだしも、博多なんて、そん...

看護師 求人 埼玉
看護師 派遣会社

[PR]

by kangotaiken | 2010-09-17 09:58 | 看護師

よく看護学では、看護は生物・心理...


(2)「足浴」を医学的あるいは医療的処置だと考えていた。

医学は19世紀の後半から生理学や生物学の手法を使うことで?科学」として自らの地位を確立してきました。
その結果、自分たちがしている治療を、医学的な・生理学的な処置として解釈しがちです。
看護婦も医師の影響を強く受け、自分たちのしている看護を、つい医学的な処置の一環として捉えがちです。
この看護研究の場合も、足浴はコミュニケーションに影響を与えるものとして考えられてい...

看護師 求人 神奈川
看護師 転職

[PR]

by kangotaiken | 2010-09-15 07:46 | 看護師

私たちを幸福にするはずだった科学...


意識の内容を客観的な外因によるものとみる発想をつき進めると、時として、きわめてグロテスクな結果となってきます。
最近の牛乳は、やたら乳脂肪分が高くなり、パッケージにもそれを大きく書いています。
「乳脂肪分が高いとおいしい」という考えを押し進めた結果、私たちは脂肪分の多い、うまくもない不自然な牛乳を大量に摂取しているわけです。
さらに進んで、意識は付随的で「どうにでもなるもの」で、客観的条件こそ大切だとされるようになると、次第に客観...

看護師 求人 広島
正看護師 派遣

[PR]

by kangotaiken | 2010-09-12 12:21 | 看護師
line

色々な体験をする看護師、結構すごいです。


by kangotaiken
line